過食嘔吐を治すために

過食嘔吐を前向きに克服

健康と運動に関する情報

過食嘔吐でもポジティブ思考へ

過食嘔吐というとマイナスなイメージがつき、自分自身でも自己嫌悪を感じてしまう人が多いでしょう。しかしマイナスに思えば思うほど、不安や緊張などを感じ繰り返してしまうものです。「治したい」という気持ちが芽生えたら、病院へ行き自分の状況や不安感などをきちんと話し、自分に合った過食嘔吐の治し方を見つけ出しましょう。過食したいという気持ちもある程度抑えることも大切で、没頭できるものを見つけることも改善する道のひとつです。焦らずにゆっくり「いつかは治る」という前向きな気持ちで生活していくことが大切です。

過食症にならないためには

過食症をただの食べ過ぎと勘違いしている人は意外に多いです。肥満の人が多いと思われがちですが、実際は標準体重前後の人が多いです。これは過食後に体重を増やさないために自発的に意思に反して吐いたり、下剤や利尿剤を使い排出しようとする人が多いからです。次に過食症の主な原因はストレスです。ストレス社会に生きる私たちにとって誰にでも起こる可能性があります。そのためストレスをできるだけ溜めないような生活を心がけ、ストレスを発散できる趣味をみつけたり、発散できる環境をつくることが大切です。