肝機能障害って何

肝機能障害ってどんなもの

健康と運動に関する情報

肝機能障害の症状について

肝機能障害の怖いところは、初期症状がほとんどないことです。ある程度病状が進んできてやっと、倦怠感などを感じるようになります。それも急激ではなく、じわじわと体調が変化するという感じです。さらに悪化して黄疸や腹水の症状が現れるころには、かなり重症となっています。肝炎にはウイルス性肝炎とアルコール性肝炎がありますが、すべての症状に関して、暴飲暴食が症状の引き金になっているといえるでしょう。このように、何らかの原因によって肝機能が正常に働かなくなることを肝機能障害といいます。

痛風と尿酸値の関係について

「痛風」と言えば、「猫がそばを歩いても痛む」というたとえで知られるごとく、関節を中心とした激しい痛みが有名です。しかし、この病気の真の恐ろしさはその合併症にあると言えます。尿酸の結晶は、痛風結節、慢性腎臓病、尿路結石を引き起こします。また、狭心症、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞なども、因果関係ははっきりしていないもののこの病気との相関関係が指摘されています。 尿酸値を下げるためには尿をアルカリ性にするような海藻類、野菜類、芋類を摂るように心がけましょう。尿酸値を上げる食物ビール、魚卵類の摂取は注意が必要です。