統合失調症の家族とは

家族が統合失調症になった

健康と運動に関する情報

統合失調症の家族の在り方

家族の誰かが統合失調症になってしまった場合、一緒に暮らす人々は彼または彼女とどう接したらよいか戸惑ってしまうことは珍しくありません。しかし、淡々と日々を穏やかに過ごしていくことが一番の治療であり、そのためにはお互いに我慢をして辛くなっては続かないのです。ですから、穏やかに自分の気持ちをお互いに言える環境が必要です。統合失調症患者も看病をする人もどういうことが辛いのかということを隠さずによく話し合うと互いに安心して過ごすことができるでしょう。

摂食障害女性の親子関係

一口に摂食障害と言っても、拒食、過食と両極端の症状があり、本来心療内科や精神科などで扱う症例のはずですが、肉体的な障害が出現し、代謝科などへ入院することもあります。若い女性で生理が止まり、20歳でホルモン量は70歳代となる等、かなり重篤ではあっても、本人はその重大さに気付いていないのです。彼女は母の感心が出来の良い姉にしかないと思い込んでおり、母親にはそのような自覚がないため、彼女の空回りしている心情をフォローすることは出来ないようです。摂食障害は本人の治療も必要ですが、よりそう家族も共に治療せねばなりま