歯医者のことならここ

歯医者の選び方教えます

健康と運動に関する情報

歯医者の必要性について

歯医者への受診は、虫歯の治療や予防だけでなく、体の他の臓器にまで影響を及ぼすことがわかっています。歯茎から遠く離れた臓器や組織に影響を与えるので、早期発見と早期治療が必要となります。歯周病と糖尿病は共に、代表的な生活習慣病で自覚症状のない多くの予備軍をあわせると、歯周病が成人の5人に4人、糖尿病が成人の6人に1人の人が罹っているといわれています。そのため、歯医者への受診が必要不可欠になり歯科受診を検討します。自覚症状のある人はもちろんですが、なんともないと思っている人も一度受診することが大切です。

藤沢 歯医者で希望の治療方法を相談しませんか?
治療法を医師任せにするのではなく、自分の希望や不安んをきちんと伝えて、納得の治療ができます。

入れ歯が合わない時の対応

入れ歯が合わないという理由で、つけない方が多くおられます。しかしつけないことで歯茎が痩せてどんどん合わなくなるという悪循環が起こるため、お勧めできません。入れ歯が合わなくなった場合には、安定剤を使って歯茎にしっかり密着させるという方法もありますが痛みがあるなどの場合には改善できません。合わない場合には早目に歯科医に相談することが大切です。早目のうちであれば金具の微調整で簡単に合わせることが出来る場合が多く、それでも合わない場合にはまた調整することで合うようになることが多いです。