健康と食事の関係

健康な食事を三食摂る

健康と運動に関する情報

健康と運動と食事の関係性。

健康な身体を維持するためには、適度な運動と栄養バランスを考えた一日3回の食事がとても重要になってきます。それでは適度な運動とはなんなのでしょうか。大きく分けて二つあり、1つが有酸素運動。有酸素とはウォーキング、ジョギング、スイミングなどが当てはまります。主に脂肪分解の促進や心肺の強化に繋がります。次にもう1つが無酸素運動。こちらは筋力トレーニングのことです。筋肉増加により新陳代謝や基礎代謝を高めることができます。有酸素20分無酸素5分は最低ラインとして考えてください。次にバランスの良い食事ですが、朝は軽いフルーツで脳の活性化を高め、昼は力の源となる炭水化物メイン、夜は無酸素の後にタンパク質をメインで摂るようにしましょう。健康な身体を維持できるように頑張りましょう。

運動と食事、どちらが大切?

健康のためにみなさんはどのようなことをしているでしょうか。おそらく多くの方が食事の改善と運動を挙げることでしょう。逆に言うと、この2つに気をつけることこそが全てと言っても過言ではないぐらい私たちの身体には大切なことです。また、どちらか一方だけでもその効果は感じられにくいのが現実です。たとえば、血液がサラサラになると言われている食材に注目して、それを頻繁に食べたとしても、全く動かずにゴロゴロしていては血流が悪いままになってしまうので、その効果は感じにくいでしょう。逆に、どんなにトレーニングをしても良い筋肉を作るための栄養素を摂取していないとその効果は半減してしまうでしょう。よって運動と食事は切っても切れない関係であり、健康のためにはどちらも欠かせないものと言えるでしょう。